撮影ボックスがあると超便利!ブログ写真や物撮りで大活躍!!撮影ボックスレビュー

みなさん、こんにちは。今回はこれまでに使ってきた撮影ボックスについてレビューして見たいと思います!

撮影ボックスとは?

撮影ボックスとは、照明が付属した箱状の撮影セットになります。大きさは様々で、一辺の長さが40㎝ぐらいの小型のものもあれば、60㎝や80㎝などの物もあります。

最大の特徴は、LED照明が付属しているために、ストロボを用意するなど、ライティングの準備に手間をかけずに簡単に良い光で撮影できること

良い写真を撮るためにはなによりも安定した光が重要ですが、普通の室内の明かりだと写真が暗くなってしまったり、複数の異なる光源(外からの光と部屋の照明の光など)の影響を受けて色がきちんと写らなかったりしてしまいます・・・。

そんな問題を一気に解決するのがこのボックスです!これがあると外部からの光の影響を受けずに、ボックス内に設置された照明を用いて安定した写真を撮る事ができるのです

私もこのブログを始めてから、ブログ素材用の写真を撮影ボックスを用いて何枚も撮影してきました。

今回はそのレビューをしてみようと思います。

撮影ボックスレビュー

外観レビュー!

私が購入した撮影ボックスはSamtianという会社から発売されている大きさ60㎝の物になります。

とりあえず、家の床の上に設置してみるとこんな感じになります。60㎝でも組み立てると結構場所をとりますね。小さければ小さいほうが設置しても邪魔にはなりませんが、例えば40㎝だと、40㎝以上の物を撮影することはできなくなってしまうので、自分の用途を良く考えて選ぶ必要があります。

私は少し余裕をもって60㎝にして見ました。

前面のカバーは2重構造になっています。レンズを通すための穴が高さに応じて3つありますが、遠くから撮影する場合は、このカバーを3つ一遍に開ける事も出来ますね。

そして真上にも開閉できるカバーが付いてます。なので真上から撮影する事も可能です。

組み立てはいたって簡単です。全ての面がマジックテープでくっつくようになっています。そして枠に引っ掛ける事ができるLEDランプが二つ付属しています。このLEDランプは角度も変えられますし、前面に設置する事も可能です。また光の量を変える事もできます。この辺の使用は各メーカーによって微妙に異なりますので、購入する際はチェックしてください!

Samtianより

LEDライトの下には光を柔らかくするための白い布も付いています。

Samtianより

私が購入したSamtianの撮影ボックスには背景用のシートが4種類ついてきました。だいたい黒かグレーを背景にして撮影しています。似たような商品が各メーカーから発売されていますが、背景色の色の種類もぜひチェックしてください!

Samtianより

折りたたんだ状態の写真を撮り忘れたのでメーカーのページより引用しましたが、このようにきれいにたたむことが出来ます。私はずっと設置したままにしていますが、このように折りたためれば本棚の後ろなど目立たない所に収納する事が可能です!長さ約60㎝のLEDライトを一緒に収納する事はできないので、その点は注意しないといけないですね。

作例と使用レビュー!

気に入っている点

まず気に入っている点ですが、とにかくライティング機材をいちいちセッティングしないでもすぐに撮影に移る事ができますので、本当に便利です。ただ一度ボックスを折りたたんでしまうと、ライティング機材を設置するのと手間がほとんど変わらなくなってしまいますので、これはずっと設置したままのスペースがある人向けかな・・と思います。

もちろん撮影ボックスはストロボやソフトボックス等のライティング機材をそろえるよりも安い値段で購入する事ができますので、撮影ボックスを先に購入するというのは十分ありだと思います。

私は主にこのブログの画像素材を撮影する時にこの撮影ボックスを利用していますが、たとえば背景を白にしてカップを撮影してみました。

このままフォトショップで背景を切り抜いたりすれば、素材として色んな場面で使う事が出来そうですね。

背景を黒に置き換えて撮影してみます。このように背景に邪魔なものが写る事がないのも撮影ボックスの多きな利点ですね。自宅において、何か物を撮影しようと思うと、背景にいろいろ写りこんでしまいますが、撮影ボックスを使用するとそのような事がなくなります。

上の写真は“しずく写真“を撮影した時に用いた機材をブログ用に撮影したものになりますが、グレーの背景を用いています。撮影ボックスでは背景をすっきりさせる事ができますが、背景シートのカーブしている部分(底面と背面の角の部分)には光が反射して多少の色むらができてしまうので、その辺は工夫が必要な場合もあります。

気になる点①:光が弱い

撮影していて気になる点は、実はLEDの光がそれほど強くないという事です。私が持っているものは光量をMAXにしてもシャッター速度を上げると暗くなってしまいます。私はできるだけ背景が写らなくて済むように中望遠レンズで撮影する事が多いですが、手ブレをしないスピードである1/100秒、そして被写界深度を深くするためにF値を大きくすると、写真がかなり暗くなってしまいます。

それを回避するためにはISOを上げるしかありませんが、そうするとISOが簡単に1000ぐらいになってしまいます。

最近のカメラであればISO1000ぐらいでもノイズは目立ちませんが、やはりストロボと比べると光の量はかなり少ないと言えますね。

もちろんカメラを三脚に設置してシャッタースピードを落とせばISOを上げなくても写真を撮影することが可能となります。なので時間がある時はISOを抑えて三脚撮影、時間がない時はISOを上げて手持ち撮影、といった感じになると思います。

気になる点②:用途が限られる

付属のライトは設置場所により、前から光を当てたり、上から光を当てたりと多少工夫する事は可能となっていますが、そこまで工夫することはできません。なのでそれなりにきれいな写真を撮影することはできますが、出来上がりの写真にオリジナリティーを求めることはできないです。なので私のようにブログの素材写真や、人によってはヤフオクの商品撮影などでは十分に活躍すると思いますが、それ以外での用途は限られてしまいますね・・。商品撮影とかに興味がないけれど物撮りをしたいという人は撮影ボックスではなくてストロボなどのライティング機材を先に揃えたほうがよいかもしれません・・・。

撮影ボックスはこんな人におすすめ!
  • ブログ用やSNS用によりきれいな写真を撮りたい人
  • ヤフオクなどに出品する商品をよりきれいに見せたい人

その他の作例

このブログの解説記事やレビュー記事で使用した写真を作例として載せておきます。すべて撮影ボックスの光だけで撮影してあります。

おわりに

さて、私はあくまでもライティング機材のサブとして用途に応じて使っていますが、本当に手軽に撮影に移る事ができる点で気に入っています。

一つあるといろいろと撮影の幅が広がりますから、興味のある人はぜひ一度試してみてください!