良い風景写真を撮影する上でカメラよりも重要な3つのポイント!!

私は主に風景写真ばかり取っています。風景写真と一言で言っても、その被写体は都市であったり、建築であったり、さらに自然であったりと様々です。

今回は私が風景写真を撮影する上でカメラよりも重要だと思う3つのポイントについて語っていきたいと思います。

①とにかく撮影に出かける事!

風景写真を撮影する上で最も重要だと思うのは、とにかく撮影に出かけることです。よっぽど見晴らしの良いベランダのある家にでも住んでいない限り、家にいては良い風景写真は撮れませんからね・・。

だからとにかく目的地を決めて撮影に通う事が大事だと思っています。書いてしまえば当たり前なんですが、アマチュア・フォトグラファーにとっては時々モチベーションを保つのが難しいです。

私は昨年ドイツ東部から西部に引っ越したのですが、興味深い被写体が中々見つけられず、引っ越してから一年間はほとんど撮影(風景撮影)に行きませんでした(旅行などではカメラは持参しましたが・・。)。なのにその間に3本もレンズを購入してしまっています・・・。せっかく良いカメラや良いレンズを持っていても撮影に行かければ意味がないとは分かっていながらも、レンズやカメラを買ってしまう・・。もちろんカメラには純粋に機械としての魅力も十分にあるわけですが・・。

スイス三大名山、アイガー、メンヒ、ユングフラウ

ちなみにこの写真はスイスにある友人の別荘のベランダから撮影しました・・。こんな景色を家から撮影できるなんて例外中の例外ですね。ちなみにこの夕焼け、本当に美しかったです。

まあこの記事には自分を戒める意味もあるわけですが、良い風景写真を撮ろうと思ったらまずは出かけることが重要です!

②偶然の要素を取り入れる事!

私が次に重要だと感じている事、それは風景写真に偶然の要素を取り入れることです。悲しいことに風景写真というものは、ほとんどある意味撮り尽されているので、偶然の要素がないと他の人とほとんど同じ写真になってしまいます。

では偶然の要素とは何か?これは主に時間や天候によって左右される要素の事ですね。以下に例として挙げてみます。

  • 日の出後、日没前のゴールデンアワーと呼ばれる時間帯。
  • 日の出前、日没後のブルーアワーと呼ばれる時間帯。
  • 花火や特別なライトアップなどその日しか見られない要素。
  • 今にも嵐が来そうな迫力のある雨雲や雷、霧など。

昼間に撮影すると人と同じような写真しかとれませんが、上記のような偶然の要素を取り入れる事でそこに違いを取り入れることが出来ます。特に日の出、日没時の光というのはその日の温度や天候によって常に姿を変えますので、違いを作りやすいです。

単なる貨物列車の写真も(もちろんそれだけでも電車好きにはたまりませんが)、焼けるような夕焼け雲に遭遇すると一気に魅力的な写真に代わります。

普通に撮影しても美しいドレスデンの夜景ですが、大晦日の花火を取り入れることで普段とは違う写真となっています。

③三脚を使用する事!

撮影に出かけて、さらに偶然の要素を取り入れることがでいたら、普段とは一味違った風景写真は完成したも同然です。後は自分が使っているカメラを取り出して、その景色を撮影するだけ、と言いたいところですが、そのまま手持ちで撮影する前に三脚を用意しましょう

その理由の一つはブレのない写真を撮るためですね。ここまでして撮影した写真がブレていたらもともこもありませんから・・・。

またブルーアワーと呼ばれる夜景撮影などでは、周りが暗く、どうしてもシャッタースピードを長くしなくてはならないのですが、三脚がある事で長時間露光が可能となります。

じゃあ明るければ手持ちで撮影しても問題ないのか、というところですが、できれば同じ構図で露出を変えて何枚か撮影しておきたいところです。そうすると後で現像する時に露出の異なる写真を一枚に合成する事も可能です。それを可能にするのも三脚ですね。

また構図をしっかり作るのにも三脚は役に立ちます。最近のカメラはファインダーも見やすいものが増えているようですが、それでもファインダーの画像で四隅までしっかり見極めるのは難しいです。三脚に立ててライブビュー撮影する事で、落ち着いてじっくりと構図を作る事が可能となります。

三脚の使い方については以下の記事でも触れています!!

おわりに

今回は良い風景写真を撮影する上で重要だと思う3つの事柄をまとめてみました。さすがにスマートフォンでは限界があるかもしれませんが、各カメラメーカーが出しているエントリークラスと呼ばれる一眼カメラ (Nikon D3500やSony a6000、Canon Eos Kissx9など) でも、今回のポイントさえ押さえておけば、一味違った良い風景写真を撮る事はいくらでも可能です。最近のカメラの性能はそれだけ凄いですからね。

私も最近は夕方ばかりの撮影だったので、今度は久しぶりに朝日の撮影でも計画しようかな、と思います。