マクロレンズを使って「しずく写真」に挑戦しよう!!②

こんにちは!

この間初めて挑戦したしずく写真ですが、その反省点を踏まえてさっそく2回目にチャレンジしてみました。

初めて挑戦した時の記事はこちらにあります!

「しずく写真」のために今回用意した物!

今回使用した機材の一部
  1. 花(ガーベラ、バラ)
  2. 花を固定するためのアーム×②
  3. 水滴を作るための注射器
  4. カメラとマクロレンズ
  5. 三脚
  6. ストロボ

まず前回の反省点を踏まえて今回は花屋に行って良さげな花を選んできました。ガーベラは大きくて形の良いものを、それから今回はバラの花も選んでみました。

また花を固定するアーム(クリップ)ももう一台追加して2台にしました。

あとは前回と同じく、水滴をつくるための注射器、それからカメラとマクロレンズ、三脚。さらに今回はストロボを一台追加してみました。

まずはバラの花を背景にしずく写真を撮影してみる!

前回は背景をガーベラにして、さらにガーベラの花びらの上に水滴を作って撮影しましたが、水滴に移りこんだガーベラの写真がなんとなく目玉みたいできれいではありませんでした。

前回の写真

なので今回は背景の写真をガーベラからバラに変えてみました。今回は黄色のバラを用意しましたので、水滴を乗せる花びらはピンク系を選んでみました。

しずくの中に花を写しこむのは意外と難しい・・。

まずはバラの花をアームに装着し、もう一台のアームに花びらを装着します。奥にバラの花、そして手前にガーベラの花びらをセッティングしてから、花びらのほうに注射器で注意深くしずくを作っていきます。

今回は中に写った花が目立つようにしずくはできるだけ大きくしたかったんですが、大きすぎるとしずくがパンクしてしまうので、その加減は結構難しかったですね。

しずくを乗せる事に成功したら、今度はそのしずくの中にうまく花が写りこむように花やカメラの角度を変えていきます。そしてこれが思いのほか難しい・・・。何度も何度も角度を変えた結果ようやく二つのしずくにバラを写しこむことに成功しました。本当はもう一つしずくがあったんですが、うまく写りこまなかったのでティッシュで吸い取ってしまいました。

それで撮れたのがこの一枚です。とりあえずぱっと見ただけでバラの花だという事がわかりますね。

もうちょっと背景をはっきりさせたかったので少し絞り、さらに構図を微妙に変えてもう一枚撮影してみます。さらに現像時にも少しだけトリミングして上のような写真に仕上げてみました!

しずくの中に花束を写しこむ!

今回は、バラの花以外にもガーベラの花を何輪か買っていたので、しずくの中に花束を写してみる事を思いつきました。

花束をアームに固定する事がうまくできなかったので、今度は花瓶(というか単なるグラス)に花を活けたままセッティングしてみました。当然高さが必要になってくるので、家にあるものでなんとかすると、こんな感じのセッティングになりました・・。

リビングに置きっぱなしにしておいたニコンのレンズを買った時の箱が丁度良さそうだったので、高さの調節に使いました。

ストロボなし

とりあえず撮影してみるとこんな感じに。すでに雫の中には花がきちんと映っていますね。しずくの左下の方に少し余分なスペースがあるので、そこにバラの花瓶を置いてみます。

しずくの中は上下逆に映るので、見ながら微妙に位置調整をしていきます。最後にガーベラの花の位置も微調整してセッティングは完成です!

何枚か撮影した結果!こんな感じで花束を写しこむことに何とか成功しました!さらに今度はストロボの光を斜め横から当てて撮影しています。

実はこの後も何枚か撮影したんですが、花びらの先端がしずくの重さで垂れてきて画面からはみ出してしまいました。まさかそんな事があるとは思わず、ライティングに夢中になっていて構図の確認をしてませんでしたが、それは今回の反省点ですね。

おわりに

今回は2回目という事で最初の時よりはうまく撮る事ができたかな、と思います。ただ全景が花びら一枚と、前回と同じパターンになってしまいましたので、今度は何か別なものに変えて撮影してみたいですね。

また天気が悪そうな週末には花を買って挑戦してみようと思います!!