フランスで最も美しい村!リクヴィルの美しい街並みを写真で紹介!

みなさん、こんにちは。

これまでフランスのアルザス地方の美しい街、コルマールとエギスハイムを紹介しましたが、今回はその中でも私が最も美しいと感じた街、リクヴィルの街並みを写真で紹介します!

リクヴィルとは

リクヴィルはフランスのアルザス地方にある美しい村です!

アルザス地方はドイツとフランスの国境付近の地方で、これまでにドイツだったり、フランスだったりと両方の文化の影響を受けてきた地域。木組みの家が沢山あり、一見ドイツっぽいですが、家の壁が赤、青、ピンクとカラフルで、ドイツとも違う、非常に興味深く、かつ美しい街並みを見ることが出来ます。

リクヴィルはエギスハイムと共にフランスの最も美しい村に選ばれていますが、城門入り口から出口までを通るメインストリート沿いは本当に色彩豊かで美しいです。

カラフルな木組みの建物と、路上にならんだレストランやカフェに景色が非常にマッチしています。

リクヴィルの周りはワイン畑。リクヴィルではエルザス地方のワインを楽しむこともできます!

リクヴィルへのアクセス

リクヴィルは小さな村ですので、公共交通機関でのアクセスはコルマールからバスになります。コルマールへのアクセスはこちらをご覧ください!!

コルマールからリクヴィルまでライン106が出ています。コルマールからは片道30分で移動できます。(リクヴィルの観光案内サイトからバスの時刻表がダウンロードできます。)ただ、バスだと本数が1時間に1本もありませんので、かなり不便ですね。

3,4人での観光でしたらタクシーでも良いと思いますが、個人的には一日レンタカーを借りて、アルザス地方の村を一日でいくつか回る事をお勧めしたいです。

写真でみるリクヴィルの街並み!

それではリクヴィルの街並みを写真で見ていきましょう!

奥に見える門がリクヴィルの入り口になります。ここリクヴィルのメイン通りにはレストランが沢山あり、夏場は通りで食事をする人達でにぎわっています。

リクヴィルの街はカラフルな建物がずらっと並んでいて本当に美しいです。通行人のタイミングをうまく見計らって同じ場所から何枚も撮影します。ブルー、オレンジ、紫、黄色の建物が青空とマッチしていますね。

同じところから広角にして全体を撮影してみました。

右手に見える建物はレストランですが、下が緑で上が赤い壁となっています。

似たような場所から青とオレンジの建物をメインに縦構図で撮影。縦で撮影すると上から下までが色鮮やかな建物で埋まって良い感じになります。なのでほとんどの写真を縦構図で撮影しました。

奥に見えるのがこの村の出口の門です。入口から出口まで、リクヴィルの街はどこを見ても本当にかわいくきれいで、楽しめます。

メイン通りから横に伸びる路地を撮影してみます。ここもレストランやカフェが沢山。リクヴィルは場所的にもそれほど国際的な観光地というわけではないので、メニューがフランス語だけの所もたくさんあります。

レストランの看板を撮ってみました。リクヴィルでもアルザス地方産のワインが楽しめます。

リクヴィルの雑貨屋さん。アルザス地方の食器などが売っています。

今回メインで使用したカメラ機材

  • カメラ:ニコンD750
  • レンズ:シグマ24-105㎜f4

今回はニコンの一眼レフカメラD750に標準ズームレンズであるシグマ24-105㎜f4を装着して写真を撮りました。

リクヴィルはメインストリートが長いので、中望遠レンズで遠くから撮影すると程よい圧縮効果も付いて良い感じになります。

私は85㎜から105㎜の焦点距離で沢山撮影しました!

おわりに

今回はアルザス地方のコルマールに2泊し、そこを拠点にフランスの最も美しい村として知られるエギスハイムとリクヴィルを回りましたが、個人的にはリクヴィルが最も美しいと感じました。

ドイツの木組みの家も素敵ですが、やっぱりカラフルな街並みは本当に美しいですね。