ドイツお勧め観光地‼モンシャウの街並みを紹介!単焦点レンズで撮るヨーロッパ!

こんにちは。

今回はドイツでおすすめの観光地の一つ、モンシャウ(Monschau)という街を紹介します。

ちなみに今回は一眼レフカメラに35㎜f1.8と85㎜f1.8の単焦点2本持ちで散歩しました!

モンシャウとは?

モンシャウとはドイツ西部ノルトライン・ヴェスト・ファーレンからベルギーにかけて広がるアイフェル地方にある小さな町です。

アイフェル地方はちょっとした山岳地帯となっており、自然が豊かなためにドイツ人にはヴァカンス地としても人気があります。

そのアイフェルの中心的な存在となるの街が今回紹介するモンシャウという街になります。

モンシャウという街ができたのは12世紀になりますが、その魅力はなんといっても木組みの家が連なる中世の街並を見ることができるところでしょう。山の中にあるので、空気はおいしいし、街の中心には小川も流れていて本当に素敵なところです!

日本のガイドブックなどにはまだ記載されていないため、日本人にとってはかなりマイナーな観光地となっていますが、ドイツ西部では日帰り旅行として大人気の観光地です。

モンシャウへのアクセス

モンシャウは残念ながら電車が走っていないので、バスでの移動になります。まずはアーヘン(Aachen-Rothe Erde駅)まで電車で移動しましょう。

アーヘン(Aachen-Rothe Erde駅)からバスSB66に乗ってフローラ・モンシャウ(Flora, Monschau)に向かいます。そしてフローラ・モンシャウでバス85に乗り換えてバンホーフ・モンシャウ(Bahnhof, Monschau)駅で下車すれば到着です。

詳細な行き方はドイチェバーンのホームページから簡単に検索することが可能です。出発地に自分の現在地を入力し、目的地にBahnhof, Monschauを入力するだけで、乗り換えを含めた時刻を随時検索できます!

ちなみにバスの出発駅となるアーヘンには世界遺産として有名なアーヘン大聖堂がありますから、一泊して次の日にモンシャウに出かけるというのも良いと思います!

私が個人的におすすめするのは車での移動です!車だと乗り換えの時間がありませんから、電車とバスを使った移動よりも速いです。レンタカーは一日50ユーロぐらいからありますので、2人以上での移動だったら電車代よりも安くなる可能性も高いです。

写真で見るモンシャウ

それではモンシャウの街を写真で紹介したいと思います。

今回はニコンD750 というカメラにニコン35㎜f1.8、それからニコン85㎜f1.8という2本の単焦点レンズで撮影しました。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

まずは車を駐車場に止めますが、最初に見えるのがカフェ・テレンです。ちょうど私の目の前が小川になっていますが小川沿いにテラス席が出ており、小川のせせらぎを聴きながらリラックスしたひと時が楽しめます。

旧市街地までは小川沿いを5分ぐらい歩いて行くことになりますが、本当に空気がきれいで素晴らしいです。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

小川沿いにはこのような家もありますね。いったいどんな人が住んでいるのか気になりますが、緑にかこまれたこんな大きな家に住んでみたいです。それにしてもこの日は光が強くて写真をとるのが結構難しい!すぐに白飛びしてしまいます。

Nikon D750: Nikon 85mm f1.8

徐々に旧市街に近づいてきました。奥に見えるのが教会の塔になります。ちなみにこの通りにはコーヒービールというモンシャウ名物のビールを売っている店があります。帰りにお土産として買って帰ろうと思ったのですが、この日は土曜日ということもあり、帰りには店が閉まっていました・・。残念・・・・・。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

モンシャウ旧市街の入り口に到着です。左手に見える赤い家がモンシャウでは非常に有名です。木組みの家との対比が美しいですね。木組みの家はよく見るとかなり傾いています。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

旧市街の入り口には小さな教会もありますが、ちょうど中州の上に建てられているので橋を渡っていくことになります。面白いです。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

街中にはお店が沢山ありますが、このお店ではお庭の飾りが売られていました。ふくろうが面白かったので記念に一枚。単焦点レンズでのスナップ撮影は背景をぼかした写真も撮れるので面白いです。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

さて、いよいよ街の中心部にやって来ました。ここもモンシャウを代表する風景の一つです。右側は教会前の広場になっていますが、そこにはカフェやレストランのテーブルが沢山でており、食事やお茶をする事が出来ます。

Nikon D750: Nikon 35mm f1.8 ED

モンシャウの細い路地はこんな感じです。テーブルや椅子を出すほどのスペースはありませんが、その代わりに階段にクッションが置いてありますね。窓辺にも花が飾られていてきれいです。

Nikon D750: Nikon 85mm f1.8

最後はカフェで休憩!本当は小川沿いの木陰(木と奥の木組みの家の間に小川が流れています)の席に座りたかったんですが、開いていなかったのでパラソルの下で休憩しました。

おわりに

今回はドイツ西部のおすすめ観光地としてモンシャウの様子を紹介しました。この日は単焦点レンズ2本でスナップ写真を撮りながら観光しましたが、とても楽しかったです!

単焦点レンズ2本で撮影する場合は、だいたい行きと帰りで交換します。この時はカフェで休憩するまでを35㎜で撮影し、帰りに85㎜で何枚か撮影しました。

モンシャウという街、本当に素敵な街なので、近くを訪れた際にはほんとうにおすすめです!